楽天経済圏の始め方【2021年版】FPが独断と偏見で決めました。

節約編

 

 

スポンサーリンク
  1. 楽天経済圏を始めようとしている方へ
  2. 楽天経済圏は複雑怪奇
  3. 楽天経済圏、独断と偏見でやる事を厳選
    1. 『楽天経済圏』必須項目①楽天会員になる +1%
    2. 『楽天経済圏』必須項目②楽天カードを作る +2%
    3. 『楽天経済圏』必須項目③楽天アプリをインストールする +0.5%
    4. 『楽天経済圏』必須項目④楽天カード+楽天銀行 +1%
    5. 『楽天経済圏』必須項目⑤楽天証券 +1%
    6. 『楽天経済圏』準 必須項目①楽天モバイル +1%
    7. 『楽天経済圏』準 必須項目②楽天ひかり +1%
    8. 『楽天経済圏』準 必須項目③楽天保険+楽天カード +1%
    9. 『楽天経済圏』当てはまれば設定すべき項目①楽天プレミアムカード+2%
    10. 『楽天経済圏』当てはまれば設定すべき項目②楽天トラベル+1%
    11. 『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目②楽天ブック+0.5%
    12. 『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目②楽天KoBo+0.5%
    13. 『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目③Rakuten Fashion+0.5%
    14. 『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目④楽天ビューティー+1%
    15. いらない『楽天経済圏』サービス①楽天モバイルキャリア決済+0.5%
    16. いらない『楽天経済圏』サービス②楽天ウォレット+0.5%
    17. いらない『楽天経済圏』サービス③楽天Pasha+0.5%
  4. 楽天経済圏の始め方【2021版】FPが独断と偏見で厳選しました。まとめ

楽天経済圏を始めようとしている方へ

楽天は『楽天市場』だけにとどまらず、『楽天保険』『楽天銀行』『楽天証券』など『楽天』のサービスだけで生活できるぐらい充実しています。

そのサービスの事を『楽天経済圏』と言います。

 

 

今や、楽天経済圏は『少しポイントがお得になった。』

とか言うレベルではなく、『楽天経済圏』にどっぷり浸かっていなければ

年間に数万ポイントも損しています。

 

逆に、楽天経済圏を上手に使いこなしている方は、毎年数万円分好きな買い物をして得をしまくっている訳です。

 

理由は、楽天のポイント制度にあります。

 

 

ポイント。って言ってもせいぜい1%程度でしょ?なら、大した事ないんじゃないの?

FP中野
FP中野

いえいえ。そんな事はありません。楽天は様々な楽天サービスを使ってくれたお礼として、

『楽天市場』でお買い物した時のポイント還元率をどんどんアップしますよ。と言うサービスをしています。サービスを全て使いこなすと最大で15.5%のポイントを還元されますよ。

 

つまり、

楽天経済圏を最大15.5%にした状態で、10万円の家電を1つ買うだけで

15,500ポイントも得る事ができ、

それこそが『楽天経済圏』の最大の魅力です。

 

 

 

しかし、楽天経済圏を始めようと思われても、どうしたら良いのか分からないですよね。

 

 

この記事では、

  • 楽天経済圏をざっくり解説
  • 楽天のやるべきサービスを独断と偏見で解説

を解説していきます。

 

 

楽天経済圏はルールが細かく非常にややこしいので、僕の独断と偏見で重要度を下記の様に分けて紹介していきます。

  • 必ず、加入しておくべき楽天サービス
  • 出来れば加入しておくべき楽天サービス
  • あてハマればやっておくべき楽天サービス
  • いらない楽天サービス

初心者は、最初の『必ず加入しておくべき楽天サービス』のみを頑張って設定していきましょう。

 

それだけで、あなたも楽天経済圏ユーザーの一員です。

 

 

 

それでは、解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

楽天経済圏は複雑怪奇

楽天経済圏はとにかく複雑怪奇です。

楽天経済圏 検定なんて資格があっても良いぐらい非常に複雑怪奇です。

 

しかし、

本記事は、細かい部分は無視して、基本の基本のみだけを紹介しますので安心して読み進めて下さい。

 

 

 

まずは、楽天経済圏の概要を見てみましょう。

 

楽天で言う『+1倍』とは『+1%』の事です。(本記事では%で表記します)

例えば、

『楽天会員』+1%
『楽天モバイル』+1%
『楽天モバイルキャリア決済』+0.5%

を利用していれば、『楽天市場』でのお買い物で2.5%が付帯される訳です。

 

 

これだけ見ると、そんなにややこしく無い様にも思えますが、この1つ1つの条件が細かくややこしいので、上記の図のサービスを1つ1つの詳細を理解するとなると、どうしても荷が重いです。

 

 

なので、この記事では小さい取りこぼしなどは気にせず、効率の良いポイントの取り方のみに絞って解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

楽天経済圏、独断と偏見でやる事を厳選

 

結論から言います。

絶対、設定しておくべきサービスは以下の5つです。

 

楽天経済圏初心者はこれ以外設定する必要はありません。

選定した理由は2つ。

  1. ポイントの為の買い物は外す
  2. 手間の割に返金率の悪いモノは外す

 

『ポイントの為の買い物は外す』

例えば100ポイントを得る為に、いらない3,000円の物を買ってしまう。みたいな事です。

 

 

『手間の割に返金率の悪いモノは外す』

は、5ポイントを得る為に10分の手間がかかる。みたいな効率が悪いポイントは無視する。と言う事です。

 

今から紹介するサービスは、

そんなに『手間がなく』『効率が良い』ので『楽天経済圏初心者』には必須中の必須です。

 

 

 

1つずつ設定していくと、とても1日では終わりませんので、この記事をブックマークして、1つの設定が終わるごとに、続きを読んでいくと効率が良いのでオススメです。

 

では、紹介していきます。

 

 

『楽天経済圏』必須項目①楽天会員になる +1%

とりあえず、会員にならなければ話しになりません。会員登録がまだの方は、チャチャっと登録してしまいましょう。

楽天会員登(画面付き解説)

 

 

『楽天経済圏』必須項目②楽天カードを作る +2%

楽天経済圏の主となるカードです。カードを作るだけで+2%になる上に、楽天カードに紐付ける事で付帯できるポイントがあるので、コチラも必須中の必須です。

 

逆に、楽天カードを作る事に抵抗があるのであれば、今すぐこの記事を読むのを辞めて、楽天経済圏で生きる事を諦めましょう。ってぐらい必須です。

 

 

楽天カードは審査も無い上に5,000ポイント(たまに7,000ポイント)貰えますし、『今の日本で必須。』と言っても良いぐらいお得なカードです。

楽天カード

楽天カード入会手順(画面付き解説)

 

カード支払いを全て、楽天カード 1本に絞る事をオススメします。具体的には、『電気料金』『ガス料金』などの公共料金や『スマホ料金』などを楽天カード 支払いにする事で、支払いの1%が全て楽天ポイントになります。

 

『楽天経済圏』必須項目③楽天アプリをインストールする +0.5%

楽天市場はアプリから買い物するだけで+0.5%になりますので、

楽天での買い物は

『スマホ』から

『アプリ』で買い物するのが基本です。

下記からダウンロードしておきましょう。

楽天市場アプリ Android版

 

楽天市場アプリ iPhone版

 

ここまでは、一瞬で設定できると思います。

しかし、この時点であなたの『楽天経済圏』のポイント還元率はすでに3.5%になっています。

 

『ハピタス』と言う外部のポイントサイトを経由すると更に+1%が『ハピタス』に貯まります。
やり方は ハピタス→楽天市場→楽天市場アプリ→お買い物です。
貯まったポイントは『楽天ポイント』に交換できるので実質+1%と思ってもらって構いません。

 

ポイントの交換先は『楽天ポイント』に加え『Amason』や『マイル』『Pay Pay』『nanaco』などにも交換可能で、たまにキャンペーンで3%レート増量などを行っています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

会員登録&経由だけで+1%とかなり美味しいので、ハピタスも必ず登録しておきましょう。

楽天でお買い物する時は、

『ハピタス』→『楽天市場』→『楽天市場アプリ』が基本の買い方です。

 

『楽天経済圏』必須項目④楽天カード+楽天銀行 +1%

ここからは少しややこしいですが、楽天経済圏の攻撃力を高める為に頑張って設定していきましょう。

 

これは、楽天カードでの引き落としの設定を楽天銀行にする事によって+1%になります。

 

その為には、楽天銀行での口座開設が必要になりますので、まずは、楽天銀行の口座をお持ちでない方は口座を作りましょう。

楽天銀行口座開設方法(画面付き解説)

 

 

 

楽天カードと楽天銀行の口座が揃ったら、設定していきましょう。迷う所なく3分で終わります。

 

 

楽天カード 引き落とし設定

     ⬇︎

     ⬇︎

上記サイトへ進む(クリック)

     ⬇︎

     ⬇︎

ユーザIDとパスワードを入力し、ログインします。

     ⬇︎

暗証番号を入力し、実行をクリックで完了です。

 

 

『楽天経済圏』必須項目⑤楽天証券 +1%

これは、楽天証券の口座をお持ちの方で、以下の3つの条件を満たしている方が対象です。

  1. 楽天スーパーポイントコースに設定
  2. 投資信託を500円以上購入
  3. ポイントを1ポイント以上使用

ややこしい様ですが、楽天証券の口座をお持ちの方は一瞬で設定できます。

 

楽天証券 SPUアップ設定

 

楽天証券をお持ちでない方は、とりあえず口座を作ってしまいましょう。

 

楽天証券

楽天証券口座開設方法(画面付き解説)

 

僕も楽天証券を利用していますが、楽天証券は、楽天カードで引き落としにするだけで何と『積み立てた金額』に対して1%貯まります。

つまり、その時点で1%で運用できているのと同じになりますので、他の証券会社とはレベルが違うお得度です。

 

せっかく口座開設するのであれば、楽天のポイントアップの為だけじゃなく、是非つみたてnisaを始められる事をオススメします。

 

理由は、運用で得れる利益はポイントの比ではないからです。

 

僕も楽天証券でつみたてnisaをしています。

 

 

 

ココまでが、『楽天経済圏』で生きる上で絶対して欲しい設定です。

 

楽天証券×楽天銀行×楽天カードの設定をもっと掘り下げて知りたい方は下記記事をご参考にして下さい。

 

ココまでの設定できた時点であなたの還元率は実質6.5%(ハピタス1%含む)になっていますので、これだけでも十分ですが、

 

『楽天経済圏』にどっぷり浸かりたい方は下記の3つも検討して良いでしょう。

 

では、順に見ていきましょう。

『楽天経済圏』準 必須項目①楽天モバイル +1%

格安SIM業界の中でも群を抜く月額の安さから、今、すごい勢いで契約数を増やしています。

 

参考:楽天モバイル

 

大手3社が20GBで2,980円で横並びの料金体系の所、 楽天モバイル は使い放題で2,980円です。

しかも、

20GB以内なら1,980円。

3GB以内なら980円。

1GB以内ならなんとタダです。

 

気になるのは電波ですが、今楽天はどんどんエリア拡大していて都心部に在住の方であればほぼ問題ないと思われます。

もし、エリアから外れてしまってもauからのローミングでカバーされますので、繋がらないと言う事はないです。

 

しかし、楽天は大手3社(docomo,au,softbank)と電波の周波数が違うので、地下街やビルの中、高層階にお住まいの方は電波が届きにくい事もちょくちょくある様です。

 

後、地方都市にお住まいの方はまだまだアンテナが無い所も多く、ストレスを感じられる事が多々ありそうなのでやめておきましょう。

 

東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福岡、札幌、函館などの『都市部』にお住まいの方は、逆にラッキーだと捉え検討する余地は十分にありそうです。

 

楽天モバイル エリア地図

 

僕も今検討中で、試しに1台持ってみる予定です。電波状態にストレスを感じなければメインで使用しても良いかと考えています。

 

2台目として所有し、一切使用しなければ月額¥0で+1%の恩恵を受ける事ができますので、僕の様に試しに持ってみるのもアリです。

 

楽天モバイルについては、ポイント特典がいっぱいありますので、まとめました。

  • 申し込み5,000ポイント
  • スマホ同時購入20,000ポイント
  • 楽天市場で(エントリーしてからの)申し込み1,000ポイント
  • 楽天カード(エントリーしてからの)申し込み2,000ポイント
  • 楽天銀行口座(エントリーしてからの)申し込み2,000ポイント

スマホを新調したい方は 楽天モバイルでスマホを購入(25,000〜30,000ポイントget)し、今お使いのスマホとsimカードを交換して、試してみる。と言うのもアリです。

今ならポイント分で、かなり安く新しいスマホを持てる上に使わなければ月額0円なので、2台目であればデメリットはありません。

 

楽天モバイルを利用するのであれば、楽天でんわアプリで通話料半額になるので必須です。ダウンロード&登録するだけなので、必ず利用しましょう。

 

 

 

『楽天経済圏』準 必須項目②楽天ひかり +1%

家の通信を楽天ひかりにする事で+1%になります。

 

ひかり回線なので、通信に問題があるとか、遅いとか言うトラブルはほとんどありませんので、ただただ料金の比較のみで決めて問題ありません。

月額料金は、

マンションタイプ 4,180円(他社より大体200円お得)

戸建タイプ5,280円(他社より大体400円お得)

で、

最初の1年間は月額2,200円の割引です。(年間26,400円のお得)

 

先ほどの楽天モバイルとセットで契約すれば、最初の1年間はタダです。(マンションタイプ50,160円、戸建タイプ68,640円のお得)

 

もし、 楽天モバイル を検討中であれば是非とも変えておきたいですね。

 

これだけ聞けば変えておいて損はない様ですが、デメリットは、『工事費用が発生する事』と『面倒な事』です。

工事費用は、

マンションタイプで最大16,500円

戸建タイプで最大19,800円

です。

ただ、工事が必要か?や人の手配が必要か?などで不要の場合は、8,000円程度や2,000円程度で済む事もありますので、

不明な方は、下記のバナーをクリックし、『申し込みの流れ』からお問い合わせしてみると良いでしょう。

 

 

 

↓↓↓申し込みの流れクリック→中盤ぐらいに問合せ先が記載してあります。

 

しかし、工事費用が最大かかったとしても、ポイントのお得度の方が大きいので、

  • ひかり回線を検討中
  • 楽天モバイルに検討中or加入したて(4ヶ月目まで)
  • 楽天経済圏にどっぷり浸かりたい

方は迷わず加入しておいて損はないでしょう。

 

『楽天経済圏』準 必須項目③楽天保険+楽天カード +1%

もし、医療保険や生命保険に加入であれば、楽天保険に乗り換えて、楽天カードで引き落としにする事で+1%になります。

以前は、月額200円程度の保険『自転車保険』や『ゴルフ保険』なども対象であった為、非常に美味しかったのですが、現在は、安価な保険は全て年払いになっており、カードで支払った翌月のみしか+1%になりません。

 

なので、安い掛け捨ての医療保険や、生命保険の定期、ペット保険など、『安価』で『たまたま加入しようと思っていた』場合にだけ検討すれば良いでしょう。

間違っても+1%の為に無理やり保険に加入する。なんて本末転倒な事はやめておきましょう。

 

安価で加入できる保険は、

  • 小型犬などのペット保険
  • 20代、30代の医療保険

ぐらいです。

上記の2つを、

『検討中』もしくは『すでに加入している』

方のみ、乗り換えして加入しても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

ココまでが楽天経済圏にどっぷり浸かりたい方が行っておくべき設定です。コレだけ全部を設定すると、還元率は9.5%にもなっています。

言い換えれば、この先楽天市場での買い物は全て1割引きで買える様なモノです。

 

 

ココから先のサービスは『たまたま使う場合』や当てはまればラッキーぐらいのモノばかりです。

 

 

当てはまれば利用すべき楽天サービスは以下です。

1つ1つは結構使えるサービスですので興味がある方だけご覧下さい。

 

 

『楽天経済圏』当てはまれば設定すべき項目①楽天プレミアムカード+2%

楽天カード楽天プレミアムカード に変更すると、+2%になります。

その他にも、下記の様な特典があります。

 

参考:楽天CARD

つまり、お誕生月や、火、木曜日と合わせると+3%になります。

 

一見、良いカードの様に思えますが、ネックは年会費の11,000円です。

2%のポイントで年会費11,000円の元を取ろうと思ったら、年間で550,000円分の買い物をしなければいけません。

 

これは、相当なヘビーユーザーの方か、仕入れなどお商売に使われる方でないと達成しませんね。

 

後は、海外によく行くのでたまたまゴールドカードを検討していた。なんて方はせっかくなので、この楽天プレミアムカード に入会されても良いかと思います。

なので、

  • 楽天市場で年間550,000円以上お買い上げ
  • たまたま他社のゴールドカードを検討していた

以外の方は検討する必要はありません。

 

楽天プレミアムカード

逆に、月額50,000円以上お買い物をする方はお得すぎるので必須です。

 

 

『楽天経済圏』当てはまれば設定すべき項目②楽天トラベル+1%

5,000円以上の予約+2ヶ月後末日まで利用で+1%となります。

例えば、8月中の予約であれば10月末日までに利用って感じです。

 

+1%は『予約した月のみ』となります。

 

これはたまたま比較して、楽天トラベルが安かったら予約すれば良いと思います。

僕は、個人的には見やすくて他社より安い事の方が多いので利用する事が多いですが、

わざわざポイント目当てで、楽天で予約する必要はないでしょう。

 

 

 

『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目②楽天ブック+0.5%

楽天ブックで1回1,000円以上購入すると、その月のポイントが+0.5%になります。

ポイントアップはその月のみです。

 

楽天ブックは、送料無料で基本翌日配達なので、本を買うのであれば利用しても良いと思います。

 

ブックと名乗っていますが、CDやDVD、ゲームソフトなどの取り扱いもありますので、1つ買うと1,000円以上になりますね。

ポイントアップ目当てと言うより、SALEの掘り出し物を見つけるのに利用するのが賢いと言えます。

 

『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目②楽天KoBo+0.5%

楽天KoBoで1回の注文で1,000円以上のお買い物で+0.5%です。

ポイントアップは、その月のみです。

 

その前に楽天KoBoってなんやねん。って感じだと思うので、説明すると、楽天の電子書籍ショップです。

Amazonキンドルの楽天版ですね。

 

電子書籍自体は残念ながら、Amazonに圧倒的に郡杯が上がります。

 

それに、電子書籍で1回1,000円以上って、雑誌や漫画などは当てはまりませんし、ビジネス書なんかでも微妙に当てはまりません。

よって、コチラもポイントアップ目当てではなく、無料お試しや、SALE。電子書籍自体に楽天経済圏のポイントがつくので、お得にお買い物するのに使うのはアリだと思います。

 

で、たまたま1,000円超えればラッキーぐらいに捉えておくと良いでしょう。

 

 

『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目③Rakuten Fashion+0.5%

Rakuten Fashionアプリからお買い物するだけで+0.5%です。

ポイントアップはその月のみです。

Rakuten Fashionとは、zozo townの楽天版だと思ってもらえると良いでしょう。

 

割引きなどはややzozo townの方が良いですが、Rakuten Fashionの強みは、楽天経済圏の『ポイント攻撃力』が使える。と言う所です。

 

なので、一切割引きが無いプレミアムシューズなどは逆に楽天の方が狙い目です。

 

理由は、楽天経済圏で攻撃力を高めている状態であれば、そのポイントが還元されるからです。

 

その点は利用価値が高いと言えそうですね。

これを利用して、わざと楽天経済圏の攻撃力を高めて、ポイントの差額で転売している方もいるぐらいなので、使い様によっては『使える』サイトと言えそうです。

 

コチラもポイントアップの為の利用ではなく、しっかり楽天経済圏の攻撃力を高めた上で、普通にお買い物をするのに利用する感じで良いかと思います。

 

 

『楽天経済圏』当てはまればやるべき項目④楽天ビューティー+1%

楽天ビューティー内で予約し、3,000円以上の利用で+1%になります。

コチラもポイントアップは予約月のみになります。

 

有名どころでホットペッパービューティーがありますね。それの楽天版です。

 

コチラはヘア、まつエク、整体、エステなど幅広く取り扱いがありますし、加入店舗数も非常に多いです。

それに、ホテルや外食と違って、どこのサイトでも割引き料金が一律の事が多いので、どうせ使うなら楽天ビューティーから予約される事をオススメします。

+1%と言うのも魅力ですね。

 

 

 

以上が当てはまればやっておく楽天経済圏の設定でした。

『その月のみ』しかポイントアップにならないサービスは、全てこの項目に入れたのですが、基本全て『使える』サービスですので、積極的に使っていっても良いでしょう。

期間限定ポイントの使い道がない。なんて時のポイント消化に利用しても良いですね。

 

では、最後に無視して良い『いらない』楽天経済圏サービスを3つ紹介します。

項目だけ確認して読む必要もないぐらい不要です。

 

いらない『楽天経済圏』サービス①楽天モバイルキャリア決済+0.5%

楽天モバイルを利用している方で、アプリやゲームを月額2,000円以上利用でポイント+0.5%です。

利用した月のみポイントアップです。

iPhoneは対象外です。

これをいらない理由にしたのは、そもそも『楽天モバイル』+『Android』利用者限定で、かなり幅が狭い所、アプリ+ゲームで月額2,000円って中々ハードルが高いので、当てはまる人はほぼ皆無だとの判断で『いらない』にしました。

 

ゲームに普通に課金している方なら自然に超えてくる方もいるのでしょうが、うーん。って感じで無理やりに使うにしても条件の達成しにくいサービスだと感じました。

 

 

いらない『楽天経済圏』サービス②楽天ウォレット+0.5%

楽天ウォレットは、暗号資産(仮想通貨)の取引所の事です。

楽天ウォレットで月30,000円以上暗号資産を購入で+0.5%です。

 

楽天ウォレットは、他の暗号資産取引所と比べて、取り扱いコイン数が少なく魅力が全くありません。

他に魅力的な取引所がありますので、暗号資産を検討中の方は逆に楽天ウォレットを使うべきではないでしょう。

 

僕のオススメの取引所も公開しています。

 

いらない『楽天経済圏』サービス③楽天Pasha+0.5%

これは、Rakuten Pashaで300ポイント以上獲得し、お買い上げレシートを10枚以上写メして送ると+0.5%と言う中々理解しづらいサービスです。

 

よく分からないと思いますので、解説すると、

楽天Pasha内に、『トクダネ』と言うクーポンサイトの様な物があり、それをどんな店舗でも良いので利用して購入する。と言う物です。

そして、そのレシートを楽天に送付する事により、楽天に10枚以上認められたら、+0.5%になります。

 

 

コレを読んで、面倒くさそうだな。と思われた方は僕と感性が似ているかも知れません。

 

そうなんです。

これはただただ面倒くさいんです。

しかも『トクダネ』内にある商品数も少ない上に、1つの商品でもらえるポイントはせいぜい10ポイント程度。

コレを月300ポイント以上って、毎日買い物に行っている方が『血まなこになって』、『欲しくもない商品』を、『ポイントの為に購入』しなければ無理だと思います。

その上、証拠にレシートを10枚も送って、認められた上でやっと+0.5%です。

 

 

時間の無駄。と言い切っても良いぐらいいらないサービスです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

楽天経済圏の始め方【2021版】FPが独断と偏見で厳選しました。まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめますと、楽天経済圏は

『楽天市場』内での『自分の攻撃力(還元率)』を高める事であり、

その為には、楽天のあらゆるサービスを、細かいルールを把握した上でクリアしていく必要がある。と言う事です。

 

しかし、楽天経済圏は今や

どっぷり浸かっていなければ人生半分『損』してますよ!

と言われても過言では無い程還元率が高くなっていきます。

 

 

なので、この記事では

楽天経済圏に浸かりたいけど、何をどうしたら良いか分からない。

と言う方に向けて、

  • 必ず、加入しておくべき楽天サービス
  • 出来れば加入しておくべき楽天サービス
  • あてハマればやっておくべき楽天サービス
  • いらない楽天サービス

の4つに分けて解説してきました。

 

最後に簡単に総まとめしておきます。

【楽天経済圏を始めるのに必ずやっておくべき事】

楽天会員になる +1%

とりあえず、会員にならなければ話しになりません。

 

 

『楽天経済圏』必須項目②楽天カードを作る +2%

楽天経済圏の要ともなる必須カードです。カード自体で+2%。

他のサービスと紐付けする事で、更に攻撃力を高める事も出来ますし、普段のお買い物や外食、公共料金の支払いを、このカードで支払うと全て1%のポイント還元です。日本在住であれば作っておかないとホントにもったいないです。

楽天カード

『楽天経済圏』必須項目③楽天アプリをインストールする +0.5%(ハピタス登録+1%)

楽天アプリからお買い物するだけで+0.5%です。

簡単すぎるのでアプリは落としておきましょう。

楽天市場アプリ Android版

本記事では、外部サイトの『ハピタス』を同時に加入しておく事をオススメします。

ハピタスから、楽天市場→楽天アプリ→買い物という手順を踏むだけで『ハピタス』に1%ポイントが貯まります。

ハピタスポイントは楽天ポイントに還元する事もできますので、実質+1%と同じ事です。

簡単な会員登録のみだけですので、必ず加入しておきましょう。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

 

『楽天経済圏』必須項目④楽天カード+楽天銀行 +1%

これは、楽天カードでの引き落としの設定を楽天銀行にする事によって+1%になります。

楽天銀行での口座開設を作り紐付けしましょう。面倒な様ですが、楽天経済圏の中では『簡単』かつ『還元率』が良いので、コチラも必須です。

楽天銀行 口座開設 1000pプレゼント

 

 

『楽天経済圏』必須項目⑤楽天証券 +1%

楽天証券の口座を開設し、月500円以上の投資信託を購入、1ポイント以上利用で+1%です。

僕は、散々つみたてnisaを推奨していますが、つみたてnisaは楽天証券1択で間違いありません。

普通にポイント目当てで、最低限の500円積み立てをしておいても、かなり効率の良いポイントアッププログラムなので、投資に興味が無い方も頑張って設定していきましょう。

楽天証券

 

ココまでが絶対やっておいてほしい設定です。

 

後は、とりあえず出来る事だけやれば良いです。

 

今回は、とりあえず楽天経済圏の芯の部分である、『楽天経済圏の攻撃力の高め方』に絞って解説してきましたが、

楽天市場には、上手な買い物の仕方や、細かいポイントを受け取れる方法がまだまだあります。

 

それもこれも、とりあえずは、この記事の必須設定を行ってから、ゆっくり身に付けていけば良いでしょう。

 

大事なのは、今までとりこぼしていた楽天経済圏でのポイントを享受するべく、一刻も早く、あなたも『楽天経済圏に浸かる事』です。

 

楽天は、今、多少赤字を垂れ流しても『顧客獲得の為』にポイントを還元しています。

 

従って、ある程度囲い込みが終わっている経済圏は少しずつ改悪を行なっているので、楽天経済圏で一番お得なのは『まさに今』と言えます。

 

 

 

1つ1つ設定するのは面倒ですが、(必須設定、準必須設定は)時給換算するとコスパの良い物ばかりですので、頑張ってやっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

FP中野
FP中野
この記事に対してのご質問、ご意見、ご感想など下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。
『参考になった』などの一言コメントだけでも非常に励みになります。
 
もし、少しでも役に立った。と思って頂ければ下記からLINE登録して頂けると大変嬉しいです。
ご登録頂くと
  1. 初回20分相談無料(zoom,LINE)
  2. たまーにくる相談料割り引きチケット
  3. 記事更新のお知らせ
が受けられます。
LINE発信頻度は月1回程度です。
 
 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました