宝くじは残念ながら無駄です。をFP(ファイナンシャルプランナー)の観点から解説

お金の勉強編
スポンサーリンク

はじめに

『宝くじ』。買った方はもし当たったら何に使おうか?

とか、考える時間ってすごい幸せになりますよね。

 

そして、買った友人同士で『当たったら、家買って。親にいくらあげて。とりあえず旅行行きまくって。。。』

 

と想像しているだけでも楽しいですよね。

 

 

 

 

 

しかし、FPの僕から言わせると、宝くじは究極の無駄使いだ。と言う事を公言します。

 

 

 

理由は以下の2つです。

  • 高額当選の確率が神掛かり的にショボ過ぎる。
  • 当たらなかった時の換金率が少な過ぎる。

 

 

 

結論から言います。

今すぐ宝くじを買うのを止めて下さい。

 

理由は

『買い続けても決して当たらない』し

宝くじを購入する資金で『別の一攫千金方法を狙う方が断然効率が良いから』です。

 

 

 

更に付け加えると、

パチンコや競馬などのギャンブルに比べても宝くじは無駄で最も効率の悪いギャンブルで、

 

『買わなければ当たらない。』と言われる方も多いですが、FPの観点から言わせて頂くと

 

 

『買っても当たらない。』

 

 

 

 

『買い続けても当たらない。』のが宝くじです。

 

 

 

 

 

僕も、宝くじを買うのを止める時は悲しい気持ちになりましたが、『買っても無駄』だ。と自分に言い聞かせて止めました。

 

あなたにも、このままズルズル『永遠に当たらない無駄金』を垂れ流して欲しくありません。

 

 

あまりに無駄だ。と言われて、絶望された方もあるかも知れませんがご安心下さい。

 

 

この記事の後半に、FP中野流一攫千金方法を2つ伝授していきます。

 

 

 

 

この記事で分かる事

  • 宝くじの当選確率のショボさを例え話しで実感
  • 宝くじを買い続けたら収支はどれぐらいになるの?
  • FP中野流、高確率で実績可能な一攫千金術

を解説していきます。

 

 

 

 

ぜひ、最後までご覧下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

宝くじの当選確率が神掛かり的にショボ過ぎる件について

 

 

 

まず、宝くじの当選確率を見ていきましょう。

 

【宝くじの当選確率】

ある年の年末ジャンボ宝くじの当選確率です。

賞金確率
1等(7億円)2,000万分の1
1等前後賞(1億5千万円)1,000万分の1
1等組み違い賞(10万円)100,503分の1
2等(1,000万円)6,666,666分の1
3等(100万円)20万分の1
4等(10万円)1万分の1
5等(1万円)500分の1
6等(3,000円)100分の1
7等(300円)10分の1

あまりに天文学的な数字なので中々ピンとこないですよね。

 

 

 

では、一度どれだけ当たりにくいかを身を持って体験して頂くテストをして頂きましょう。

 

 

 

次の、想像のお話しを一度リアルに想像してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、、、

西暦が始まってから2020年現在までに1日だけ現れたことがある星があるとします。

あなたは、その星が現れた日を1日だけ予想し1度だけタイムスリップ出来ます。

 

 

 

 

 

あなたはその星が現れた日にタイムスリップする自信がありますでしょうか?

 

 

 

 

 

 

リアルに日にちを想像して見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

縄文時代から、朝廷の時代、戦国時代、江戸時代、昭和、平成、令和、全部合わせてたった1日です。

 

 

 

 

 

 

 

西暦〇〇〇〇年〇〇月〇〇日←この数字を全てピタリと当てるのです。

 

 

 

 

 

決めましたか?

 

 

 

その日に星は見えると思うでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、すでに無理な気がしてきませんか?

 

 

 

 

 

 

では、奇跡的に、その星を見れる日にタイムスリップ出来たとします。

 

 

 

 

 

 

おめでとうございます!見事7億円GETですね!!!

 

 

 

 

 

 

と思いたいところですが、

 

 

残念ながら、この天文学的な例えは1等7億円の確率ではなく

 

 

 

3等の100万円がもらえる程度の確率です。

 

 

3等の確率でこのムズさです。

 

 

 

 

7億円である2,000万分の1は、

 

 

更にその星がどの都道府県から見えるか?まで当てなければいけません。

 

 

 

 

例えるなら、

ペリーが初めて日本に来航した『日にち』と『場所』を両方当てる様なモノです。

 

 

 

 

つまり、完全に無理ゲーです。

 

 

 

他にも1等の当選確率の例を出すと、

 

『今、隣にいる方とジャンケンをして25連勝する確率』

 

 

 

『雷に打たれる確率』

 

 

 

『2回連続で3つ子を産む確率』

 

 

 

『ゴルフでホールインワンをしてその後交通事故にあう確率』

 

 

などです。

 

 

2,000万分の1がどれだけ無理難題な数字で、宝くじを買うのが無駄かと言う事が少しご理解頂けましたでしょうか?

 

 

そうだったんですね。でも、やっぱり夢は見たいので宝くじは買いたいです。

FP中野
FP中野

そりゃ、そうですよね。

夢を買う代金にしては少し高い様な気もしますが、それで生活に希望が持てるならそれも良いかも知れません。

でも、宝くじは10枚に1枚は300円返ってきたり、他にも当選するかもしれないし、

全額ムダではないですよね?

FP中野
FP中野

確かにおっしゃる通りです。

では、次の章で『宝くじを買い続ける』と一体どれぐらいの回収率になるのか?

を解説していきますね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

宝くじを買い続けるとお金はいくら返ってくるの?をFP解説

 

 

宝くじの高額当選が無理ゲーな事がお分かり頂けたので、次は買い続けると『換金率はどれぐらい』になるのかを検証していきます。

 

 

 

皆さん学生の時に学習した『確率論』を覚えていますでしょうか?サイコロを振れば振るほど、全ての目がほぼ均等に6分の1に出る。と言う理論です。

 

 

実は、これはギャンブルでもある程度当てはめる事が出来るのです。どう言う事かと言うと、同じギャンブルをやり続けると『確率論』的にはテラ銭を引かれた回収率に限りなく近付いていく事になります。

※テラ銭(胴元の取り分の事)

 

 

ギャンブル名テラ銭
パチンコ15%
公営競走(競馬、競輪、競艇)25%
サッカーくじ(toto)50%
宝くじ54%
※テラ銭についての補足
例)パチンコで1,000円を玉に替えると、玉の価値はパチンコ屋のテラ銭15%を引いた850円になっています。
例)競馬で1レースの総売上が1億円。
その内1頭の馬に500万円掛けられていた(単勝)場合、倍率は
1億÷500万円=20.0倍ではなく、テラ銭が25%引かれ7,500万円÷500万円=15.0倍となります。

つまり、

パチンコをやり続けると、回収率は限りなく85%に近づいていき、

 

 

競馬をやり続けると回収率は限りなく75%にどんどん近づいていく事になります。

 

 

では、ダントツにテラ銭が高過ぎる宝くじの回収率はと言うと、上記の表をご覧の通りなんと46%になってしまいます。

 

 

 

更に、

宝くじの場合は、この確率論に当てはまらないケースがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは『高額当選する場合』と『高額当選しない場合』です。

 

 

 

つまり購入者全員です。

 

 

なぜかと言うと、さっきのサイコロの例は、どの目も平等に出ると言う名目の元成り立つ理論ですが、それが平等でなく、しかもその差が大きい程この理論は成り立たなくなってきます。

 

 

どう言う事かと言うと

 

もし、高額当選出来た場合は回収率は46%どころか、回収率7,000,000%と巨額の富を手に出来ます。

 

しかし逆に、高額当選が1度もなかった場合は46%どころか、この確率論から7億円や1億5千万円などの超高額な当選金分を差し引かなければいけません。

 

 

 

本来は『均等に当選した時だけ当てはまる』のが確率論ですが、『競馬』や『パチンコ』と違って『宝くじ』の場合は、あまりに当選金額が高すぎて、この確率論からはかなり逸脱しているのです。

 

 

分かりやすく言うと、全国10人の7,000,000%をその他何100万人で少しずつ負担している形になっているのです。

 

 

では、高額当選を1度もしなかった場合の回収率はいくらになるかを計算してみました。

 

 

計算式に興味がない方はカッコ内は読み飛ばして下さい。

ある時の宝くじ1ユニット販売金額1,620億円。
テラ銭が54%なのでその内『当選金額合計は売り上げの46%』となり、
1,620億円×0.46=745億円
その内高額当選378億円(1等、1等前後賞、2等、合計)
なので、高額当選がなかった場合の回収金額は
745億円ー378億円=367億円
これを販売金額合計で割ると、
367億円÷1,620億円=0.226
つまり、高額当選しなかった場合の回収率は22.6%となります。

何と、ただでさえ回収率が悪い宝くじですが、高額当選が皆無であれば『回収率は22.6%』となってしまいました。

 

 

これをパチンコに例えると

全国に200万台あるパチンコ台の中で、

どこかののパチンコ店の中のどこかの台に、たった1台だけ大当たりするパチンコ台があります。

 

 

その為に、テラ銭をたくさん頂かないといけないので、

皆さんは玉を1,000円分買うと、その瞬間『玉の価値は226円になります』がご了承下さいね。と言う感じです。

 

つまり、1,000円を入れてジャラジャラ出てくるパチンコ玉の数が従来の4分の1しか出ないのと同じ事です。

 

 

 

 

もし、パチンコ屋がこんなだったら行きたくありませんよね。

 

 

 

しかし、宝くじは強制的にそう言うシステムになっているのです。

 

 

 

 

 

つまり、宝くじをずーっと買い続けていると、回収率は限りなく22.6%に近くなってくる。と言う事です。

 

 

しかも、この計算は1等の組み違い賞など割と高額な物は当たる前提での計算ですので、それすらも当たらなければ、もうこれはお金を捨てているのと一緒。

 

 

と言っても良いかも知れません。

 

まとめると、

  • 宝くじの高額当選は天文学的確率でほぼ当たらない。
  • 当たらなければ、回収率は22.6%

これが、僕が『宝くじは無駄』と言う訳です。

 

 

 

残念ながらこれが現実です。これだけ無駄だと言い続けてきた僕ですけども、実は僕は宝くじが大好きです。出来れば皆さんと同じ一攫千金を夢見ています。

 

しかし、当選確率や回収率を計算している内に悲しくなり思い切って買うのを辞めた次第です。

 

 

じゃ、思い切って1回でたくさん買えばかなり当選確率は上がるのではないですか?

FP中野
FP中野

確かにそうなんですが、元々の確率が天文学的過ぎて、

たくさん購入しても高額当選は難しいんですよ。。。

次の章で見ていきましょう。

スポンサーリンク

宝くじを1度にたくさん買った場合の確率は?

 

 

冒頭述べた『宝くじの当選確率』のお話はあくまで宝くじを1枚だけ購入した時の確率でした。

では、ダラダラ買い続けるのではなく、

『1度』に

『大量購入した』場合、当選確率が現実的なモノになるのではないか?をどうなるのかを見てみましょう。

 

 

 

 100枚(3万円)購入時1,000枚(30万円)購入時
7億円当選確率20万分の12万分の1
1,000万円当選確率66,666分の16,666分の1
100万円当選確率2,000分の1200分の1

 

 

 

200分の1!?

思い切ってボーナスを注ぎ込んで30万円分買えば当たらなくもないんじゃないんじゃないか?と言う現実味のある確率になってきましたよね。

 

 

 

 

 

しかし、よく考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

30万円注ぎ込んで100万円(およそ3.3倍)になる確率が200分の1です。

 

 

 

 

これは競馬の単勝(1着を当てる)で1番人気の配当が大体3.3倍程度なのでそちらに賭ける方がよほど効率が良いと言えそうです。

 

 

 

ちなみに1番人気の馬は3回に1回ぐらいは1着になっています。

 

 

 

同じ、ギャンブルで例えても『200分の1』と『3分の1』とでは天と地程確率が違います。

 

 

 

7億円の確率も『2万分の1』と言うとさっきの例えからすれば随分当たりやすく感じられるかも知れませんが、

 

これは、

 

 

生まれてから毎日欠かさず宝くじを30万円分買ったとして、59歳で当選する確率です。

 

 

ちなみに、費やす費用は64億円です。

 

 

そこに1発だけ!と、30万円を投じるのは投じるのはやはり『宝くじは無駄』。と思ってしまうのですが、皆さんいかがでしょうか?

 

 

 

もし、高額当選しなければ回収率22%なので30万円が66,000円程度にしかなりません。

 

 

つまり、宝くじを買うと言う事は、購入金額の約78%のお金を国に収めているのと同じ。

 

と言っても過言ではありません。

 

 

 

これが、僕が宝くじを買うのが無駄だと主張する理由です。

 

 

非常に悲しい結果ですが、これが現実です。

 

次の章で、

それでも諦められない方へ

 

FP流『一攫千金』の手段と

『諦めてコツコツ宝くじ2等』を何の苦もなく当てる方法を伝授します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

宝くじ以外で一攫千金方法は!?

 

残念ながらこの世にうまい話しはありません。最後に、僕がやっている『一攫千金』法と、『コツコツ一攫千金』法を解説します。

 

 

FPの僕が実績している一攫千金方法①

 

暗号資産(仮想通貨)を検討する。

 

です。

 

暗号資産は、まだまだ歴史が浅く、急激な価格上昇があり、順調に伸びている時に『ハッキング』など様々な事件があり、価格が一気に下落してしまいました。

 

しかし、今(2021.3月現在)は

  • セキュリティ面がしっかりしてきた事
  • 企業などが資産と認め『買い』が入ってきている事
  • 暗号資産(仮想通貨)自体の市場が小さい為、大口の『買い』による価格上昇が大きい事

などにより、今後数倍〜数十倍の上昇が見込めると僕は考えています。

 

宝くじを買うよりは、数万倍も確実性は高いですし、実際僕も購入していていて、ココ半年でなんと資産が4倍になっています。僕のススメで何人かの方が

暗号資産を始めましたが、順調に資産を増やしています。

 

ちなみに、今(2021.3月現在)は平均2日に1%程度資産が増えているとんでもない『確変』状態です。

余談ですが、『学資保険』で最も利率の良い商品を20年以上積み立てた時の年利が0.4%程度ですので、

たった1日

学資保険1年分

利益が出ている状態です。

 

今、暗号資産(仮想通貨)は爆上げでまさに『確変中』と言って良い程、面白い様に資産が増えていますが、この『確変』は1年後にはどうなっているか分からないので、暗号資産を始めるのはまさに今と言えます。

詳しくは、

 

 

FPの僕が実績している一攫千金方法②

これは、厳密には一攫千金では無いのですが、

『コツコツ』

『何の労力も要らず』

『宝くじ2等の当選金額』

を手に入れる方法です。

 

この記事で『宝くじの購入』を諦める事が出来た方は、その資金を『投資信託』に投入するだけです。

 

詳しくは、

 

 

 

 

 

 

コレらは、実行した日から利益になっていきます。

ご覧になられたら、迷っている時間さえももったいないです。

『絵に書いた餅』で終わるのではなく

一刻も早く実行される事を心からオススメ致します。

 

スポンサーリンク

【宝くじは残念ながら無駄です。をFPの観点から解説】のまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

宝くじは無駄だ。と断定した今回の記事は宝くじ信者の方には悲しく腹立だしい結果だと思います。

 

この記事で分かった事

・宝くじはテラ銭が高すぎる
・宝くじの高額当選はあまりに確率が低すぎて買っても無駄。
・ギャンブルはやればやる程、回収率に近くなる。

残念ながら『宝くじ』での一攫千金は無理だと言う事がお分かり頂けましたでしょうか?

 

しかし、『仮想通貨』や『投資信託』でコツコツ積み立てれば、宝くじ2等当選(1,000万円)ぐらいは高確率で手に入れれそうだと言う事も同時にお分かり頂けたと思います。

 

最後に、やった方が良い事まとめです。

  • 宝くじを購入する資金や、無駄なお金をコツコツ投資信託で積み立てする。
  • とりあえず仮想通貨で短期的に資産を増やす。

この2つが良さそうです。

『投資信託』に関しては再現性は高いですので、コチラをベースに、『仮想通貨』を少し取り入れるのが最善策だと思います。

詳しくは、

 

そして、ホントに投資信託なんかで利益が出るの?と疑問をお持ちの方は、

をご覧下さい。

 

 

 

 

ご不明点などあれば下記『お問い合わせ』よりお気軽にご相談下さい。メール相談は無料です。

FP中野
FP中野
この記事に対してのご質問、ご意見、ご感想など下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。
『この記事が参考になった』などの一言コメントだけでも非常に励みになります。
 
また、『お金に関する事を相談したい』などの方もお気軽にお問い合わせ下さい。
 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 
 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました