遺伝子検査(ジーンライフ)をやってみた。信憑性は?どんな内容?

節約編

スポンサーリンク

はじめに

『遺伝子検査』。確実に当たるならやってみたいけど、信憑性についてどうなの?

 

と、遺伝子検査を検討している方なら絶対気になる項目ですよね。

 

結論から言うと、信用は出来るけど100%は信用できない。

です。

 

 

 

なんじゃそりゃ!?

 

ですよね。

 

理由は、一つの『病気』や『性格』に

関連する遺伝子の検査ではなく、
関連するであろう遺伝子の検査だからです。

 

 

 

もう少し詳しく言うと、

『遺伝子』自体の情報は100%当たっているのですが、

その『遺伝子』が、

本当にその『病気』や『性格』を決定している遺伝子かどうかは研究段階である。と言う事です。

 

 

更に、なんじゃそれ!?

ですよね。

 

 

ピンとこない方も、ガマンして少しだけ読んでもらえれば意味が分かりますので、ぜひご覧下さい。

 

この記事で分かる事

  • 実際遺伝子検査を受けてみて分かった信憑性
  • 遺伝子検査の内容
  • みんなの遺伝子検査活用法

 

 

スポンサーリンク

遺伝子検査の信憑性は?

 

 

今回、やってみた遺伝子検査はジーンライフと言う遺伝子検査キットです。

 

これを選んだ理由は、遺伝子検査の中では『歴史がある。』『検査数が多い。』ので、その分エビデンスが多い。

からです。

 

 
検査自体は唾液を採取して郵送で送り返すだけです。
分かる項目は360種類です。
 
詳しくは後述しますが、
 

まず、遺伝子検査の信憑性を知るには、簡単な遺伝子の基礎知識を知る必要があります。

 

下の図は遺伝子の基礎の基礎を図にしたモノです。

遺伝子は『A』『C』『G』『T』の4種類から成り立っています。

そして、1つの遺伝子は2種類で2つが基本です。

上の図の場合、『A』と『G』で成り立っている遺伝子ですが、

母親から『A』の遺伝子を、

父親から『G』をもらい、

『A』と『G』の遺伝子を引き継いでいると言う事です。

 

 

そして、人間は60億個もの遺伝子から成り立っているらしいです。

 

 

これを踏まえた上で僕の遺伝子情報を2つ紹介します。

 

まず、僕の『肺がん』についての遺伝子データです。

こうやって見ると『肺がん』は『EPAS1』『TP63』『TERT』『BTNL』『BPTF』と5つの遺伝子から総合的に判断している事が分かります。

 

 

 

そして、1番上のEPAS1という遺伝子の情報は

『A』と『G』の2種類から成り立っていて、

僕の場合『G』と『G』で

 

全体の1.6%しかいない遺伝子の持ち主という事が分かります。

 

 

 

この遺伝子情報は100%当たっていると思われ、確実に僕の遺伝子情報になります。

 

従って『遺伝子情報』自体の信憑性はかなり高いと言えます。

 

 

 

そして、その下に各遺伝子情報の解説が示されています。

EPAS1の説明だと、

『酸素』によって通常『制御』されている『何かの遺伝子』の『発現を誘導』してしまう遺伝子だという説明が書かれています。

 

そして、その何者か分からない遺伝子を最も誘発しやすい遺伝子が『GG』という訳です。

 

???????

 

FP中野
FP中野

ですよね。

執筆している僕もあまり分かりません 笑

分からなくても全然オッケーなので、そのまま読み進めて下さい。

 

 

 

残念ながらこの『何か』の正体はまだ解明されていないと思われますので、

 

 

結果、

『おそらく肺がんにリスクを及ぼすであろう何かを誘発する確率が高い』という事です。

 

 

そして、肺がん1つに対して、肺がんに関係するであろう遺伝子情報5つの情報を総合した上での『おそらく』のリスクを提示していると言う事です。

 

 

一番右部分には、その遺伝子情報の信憑性を3段階で点数化してくれています。

EPAS1の場合は2なので、そこまで信憑性は高く無さそうですね。

まとめると、

  • 1つの遺伝子は『A』『G』『T』『C』4種の内2種類で2つである
  • 1つの疾患や性格に対して、数種類の遺伝子から総合的に判断している
  • 1つの遺伝子が、本当にその疾患や性格に関連するかどうかを3段階評価している

と言う事になります。

 

 

もう1つだけ例を出します。

 

これは、僕の『皮下脂肪の付きやすさ』です。

かなり脂肪が付きやすい体質みたいですね。。。

で、遺伝子の結果は、こんな感じです。

皮下脂肪を溜めやすさを判定する遺伝子はFTOと言う遺伝子らしく、FTOは2つ遺伝子がある事が分かります。

 

上のFTOは『T』と『C』の2種類、

下のFTOは『T』と『A』から成り立っています。

 

 

そして、筆者は上も下も最も皮下脂肪を蓄え安い遺伝子(上『C』『C』下『A』『A』)に当てはまっていると言う残念過ぎる結果が見て取れますね。

 

 

実際はどうかと言うと、

僕は中肉中背なのに、体脂肪率は24%と常に異様に高く、これまた残念ながらバッチリ当たっていました。。。

 

 

 

 

 

 

結果、

冒頭で述べていた通り

『遺伝子情報』自体は何度やっても変わらないですが、

 

その『遺伝子』が

『肺がんになりやすい』遺伝子かどうか?

『肥満になりやすい』遺伝子かどうか?

は100%信頼はできない。

と言う事です。

 

そして、遺伝子検査キットを数社試して見ると違いが出る場合があるのは、

同じ『肺がん』を調べるのに参考にしている遺伝子自体が違うからです。

 

 

 

 

ピンとこない方に例を一つ紹介します。

 

 

例えば、

あなたは
『ヘモグロビン(酸素を運ぶ)が多い遺伝子』
『遅筋がつきやすい遺伝子』
『同じ事をやり続ける事が好きな遺伝子』
だったら結果
『マラソンに向いている遺伝子』

と、なる訳です。

※この例は実際にはありません。

 

 

『遺伝子情報』はこんな単純な物ではなく、かなり複雑怪奇ですが、僕個人的にはかなり信用して良いと思っています。

 

 

この様な事から、検査結果は他社の同じ様な遺伝子検査でかなり差が生じると思われますが、僕がこのgene life(ジーンライフ )を選んだのは、他社よりも圧倒的に実績が多く、アンケートの実施などの蓄積で、最も信憑性が高い検査だと思ったからです。

 

 

 

では、次の章で実際、僕の遺伝子検査がどれだけ当たっていたか結果から見てみましょう。

 

スポンサーリンク

遺伝子検査の正解率から信憑性を判断する

遺伝子検査には、

『体型』や『生まれつき』に関する項目など

すでに答えが出ている項目がいくつもあります。

 

そこで、僕の場合の遺伝子検査の正解率を下記にまとめてみました。

結果が分かっているものの内20項目をランダムに選出

【判定基準】
めちゃくちゃ当たっている ◎
当たっている ○
少し外れている △
外れている × 

項目検査結果今の自分判定
飲酒量多い傾向少し多い
甘い物の摂取傾向強い傾向スイーツ大好き
たんぱく質の摂取傾向強い傾向肉好き
買い溜め傾向標準標準
夜型傾向やや夜型傾向やや夜型傾向
睡眠時間普通7時間程度
身長標準やや低い
座高比標準やや座高高
肥満タイプりんご型お腹ぽっちゃり足細め
ウエスト ヒップ比(くびれやすさ)やや低い痩せた時はそれなりにくびれる
BMI標準23.2(標準22)
皮下脂肪付きやすい体脂肪率24%(標準19%)
唇の厚さ標準標準
鼻根の高さやや低い傾向標準
出生児の体重やや軽い傾向4,000g超×
アレルギー体質やや高い傾向かなり高い傾向
髪の形状太い傾向極太
耳垢タイプ湿型湿型
耳たぶの大きさやや小さい確かに小さい
ワイン好き標準たまに飲む

【結果】

当たっている ◎or○  16項目(80%)
ハズレている △or×    4項目(20%)

 

でした。

 

分かっている結果だけを見ると80%ぐらいは信用できると言う事がみて取れました。

 

これを高いと見るか低いと見るかはあなた次第です。

 

次の章で遺伝子検査の活用法を見ていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

遺伝子検査、みんなの活用法

360種類もの情報が分かる遺伝子検査のジーンライフ。

その利用法は、十人十色で様々に利用出来ます。

 

僕はFPですが、なぜFPブログに遺伝子検査の記事を執筆したかと言うと

 

将来、大きく掛かる『医療費』を未然に防げるかも知れないからです。

 

この結果を機に

  • がん保険の加入、解約の検討
  • 医療保険の加入、解約の検討

の重要なファクターになり得るからです。

では、僕の結果と遺伝子活用法をご覧下さい。

その後に、あなたの活用法を解説していきます。

 

 

僕の結果と遺伝子検査活用法

僕の場合の遺伝子検査の活用法は一言で言うと『未病』を目指す為です。

 

妻も同時に検査したのですが、やはり夫婦共なるべく健康な状態で長生きしたい。

と言う誰でも願うであろう事を、僕も強く強く感じている訳です。

 

 

それでは、まず実際の僕の検査結果を見て下さい。

 

 

まずは、癌に対しての罹患しやすさの検査結果です。

何と僕の場合

『甲状腺がん』

『肺がん(肺腺がん)』

『精巣がん』

と3種類ものがんの罹患率が高い。と言う目を覆いたくなる結果に。。。

更に、右端の『詳細を見る』をクリックすると、、、

 

 

【甲状腺がん】

これまたショックな事に上位10%に入る程罹患率が高い事が判明!

 

 

 

続けて肺がんもチェック。

こちらは、更に上位5%に入る罹患率の高さでした。。。

 

 

これは、かなりへこみました。

 

そして、精巣がん

 

 

もう、分かってましたけど、やはり上位10%に入る罹患率の高さ。。。

 

 

そして、次に7大成人病も見てみましょう。

『糖尿病』と『高血圧』て中々厄介なヤツのリスクが高い!!!

 

で、『詳細は。。。』

【糖尿病】

【高血圧】

 

はいはい。

 

 

 

もうエエですわ。。。

 

 

 

何か健康の為に死にたくなってきました。。。

 

そして、この時ばかりは遺伝子検査の信憑性の高さを恨みました。。。

 

ざっと、僕の『大病リスク』はこんなモノです。

 

 

 

そして、この辛い現実を受け入れた上で

 

『僕』が罹患する可能性の高い病気のリスクを

『軽減』する様にすれば、少しでも『未病』の状態に近づけると考えています。

 

 

なので例えば僕の場合は、

『甲状腺がん』
『肺腺がん』
『精巣がん』

の3つのリスクが高かったので、それぞれの対策として

【甲状腺がん】初期症状であるしこりのセルフチェックを習慣化。
【肺腺がん】リスク大の『受動喫煙』『大気汚染物質』の吸引をなるべく避け、空気清浄機の設置。予防効果のあるとされている果物や大豆イソフラボンの摂取。定期的なレントゲンの実施。
【精巣がん】初期症状であるしこりのセルフチェックを習慣化。

を、早速行っています。

 

 

そして、『甲状腺がん』『精巣がん』は初期段階での5年生存率が他のがんに比べて非常に高い。と言う事もわかり、今回の事で触診する習慣も身につきましたので、

 

もし、触診で初期段階の状態のがんを発見出来たなら、

まさにgene life(ジーンライフ )が命を救ってくれた。と言っても過言ではないのです。

 

『肺腺がん』に関しては

予防に努めながら、年1回をメドに定期的にレントゲン検査にプラスして5年に1度程度CT検査などを自費で行う事に決めました。

 

他の『がん』にもややリスクが高い。のがありましたが、僕の場合はもう無視する事にしました 笑

 

これ以上色んな所に気を配って生活するとなると、病気でも無いのにQOL(生活の質)が下がってしまうからです。

 

 

そして、生活習慣病である『糖尿病』と『高血圧』は、リスクが高いと分かったので、『糖分』『塩分』は意識して控えていく様にします。

 

 

糖尿になりやすい僕は、同時に『糖質』を非常に求めるタイプ。と言う皮肉な結果もこの検査で分かりました。 笑

 

 

以上が、僕個人の遺伝子検査(ジーンライフ )の活用法です。

 

 

あなたの場合の遺伝子検査活用法

美容目的 編

美容目的で分かる項目はざっくり以下です。

  • 顔のシミの出来やすさ
  • そばかすの出来やすさ
  • 肌の色
  • 肌の明るさ
  • 肌のタイプ(紫外線に対する強さ、抗酸化力の強さ)
  • 唇の厚さ
  • 眼軸長
  • 夜型傾向
  • 睡眠時間
  • 喫煙量

こんな感じです。

目で確認出来る事や、実際すでに分かっている事も多いですが、客観的に見て見ると

『そう言われたらそうだ!』

なんて気づきがあるかも知れません。

 

活用法としては、

  • シミが出来やすいので、紫外線には気を付けよう
  • 肌が黒いので、ファンデーションの色を変えてみよう
  • 唇が薄いので口紅の塗り方を変えてみよう
  • 抗酸化力が弱いので、抗酸化食品を積極的に取り入れる様にしよう
  • タバコをよく吸うのでビタミンCを積極的に取り入れる様にしよう
  • 夜型で睡眠時間が短いので、少し早めに寝る様に心掛けてみよう

などが考えられますね。

 

シミ、そばかす、シワは出来てからではどうしようもないので、『出来やすいかどうか』のリスクを判断し、予防に努める事が肝心です。

 

ダイエット 編

ダイエット目的の方で分かる項目はざっくり以下です。

  • ウエスト、ヒップ比
  • ウエストサイズ
  • BMI
  • 皮下脂肪のつきやすさ
  • 筋肉バランス(大きい筋肉のつきやすさ)
  • 体型(洋梨型、りんご型、バナナ型)
  • 糖質の摂取傾向
  • たんぱく質の摂取傾向
  • 飲酒量
  • 血液中のバリン、ロイシン、イソロイシン濃度

などがあります。

活用法の例としては、

  • ウエスト、ヒップ比率が低く、くびれが出来やすいのでダイエット頑張ってみよう
  • 皮下脂肪が付きやすく、糖質の摂取傾向が高いので甘い物は意識して抑えよう
  • 飲酒量が多いので、おつまみを低カロリーな物に変えよう
  • りんご型の体型なので、特にお腹周りの筋トレを頑張ろう
  • 速筋(アスリート型の大きい筋肉)が付きやすいので筋トレは軽めの負荷にしておこう
  • 遅筋(長距離型筋肉)が付きやすいので水泳やランニングを積極的に取り入れてみよう
  • 筋肉に直接働くアミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)が少ないのでサプリなどで補おう

元々太めな方や太りやすい方は

『やっぱりな』と再確認する結果になる事が多いです。(僕と妻の場合)

おかげで二人でダイエットするキッカケになり、二人とも効果が出てきています!

 

未病 編

基本、遺伝子検査はココに重点を置いていると思われるので、検査項目はかなり多く詳細です。

全部は書ききれませんが、僕なりにまとめて一部だけ書き出しています。

 

疾患に対する項目は細かく多岐に渡りますのでこれでほんの一部です。

  • 各がんの発生しやすさ
  • 脳梗塞の発生リスク
  • 心筋梗塞の発生リスク
  • アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎
  • アトピー体質
  • 喘息、小児喘息
  • アルコール依存、ニコチン依存度
  • 血の固まりやすさ、固まりの溶かしやすさ
  • 肝臓の酵素レベル(ガンマGDPなど3種)
  • アレルギー抗体の多さ(IgEなど4種)
  • 痛風リスク
  • ニキビの出来やすさ
  • 膵炎リスク

などなど。

活用法は以下の通りです。

  • 胃がんリスクが高いので今の内にピロリ菌を除去しよう
  • 大腸がんリスクが高いので油物、刺激物を控えて大腸カメラを年1回する事にしよう
  • 肝臓がんリスク、痛風リスクが高いのでお酒は少し控えていこう
  • ノロウイルス感染リスクが高いので生ガキの摂取はやめよう
  • 尿路結石リスクが高いので水分を積極的に取り入れよう
  • 悪玉コレステロールが多い傾向なので、乳酸菌などを積極的に取り入れよう
  • 老人性難聴リスクが高いので、大音量のヘッドホンはやめよう
  • 気になっていた片頭痛リスクが高いので一度検査してみよう

などなど。

何度も言いますが、これはほんの一部です。

病気リスクが把握しきれないぐらいたくさんあります。

 

気になる項目だけを注視して即日常生活に取り入れる事が出来るので良いですね。

 

仕事の適正 編

あなたの性格や能力に対する評価が分かりますので、これを生かして自分に合った仕事を見つける参考にされても良いですね。

  • 計算能力の速さ
  • 情報処理能力の速さ(8項目)
  • 記憶力
  • 音程に関する能力
  • 運動能力(無酸素、有酸素別)
  • 加齢による能力の変化
  • うま味の感じやすさ
  • 匂いの感じやすさ(花など6項目)
  • 協調性
  • 行動持続力
  • 報酬依存性
  • 幸福感
  • 外見的な魅力を求める傾向

これらの結果から以下の仕事適正を推測する事が可能です。

  • 計算能力、情報処理能力が高いから事務系の仕事をやってみよう
  • 報酬依存性が高いから歩合制の仕事を探してみよう
  • 幸福感を感じやすいから、給与より自由な時間が多い仕事をしてみよう
  • 運動能力が高いから、体を使う仕事が良いかも
  • 外見的な魅力を求める傾向が高いからアパレルでもっと自分磨きをしたい
  • うま味も匂いも感じやすいから、料理を極めてみたい
  • 協調性がないから、黙々と出来るドライバーや倉庫内作業が良いかな

など。

 

さすがに遺伝子検査のみで職業を決めてしまうのは厳しいかもですが、

あなたの元々思い描いていた夢の後押しになるかも知れませんし、

なんとなく思っていた自分のビジョンがハッキリするかも知れませんね。

 

 

 

 

 

以上ざっくり4種類の活用法を紹介しましたが、

360種類の遺伝子結果から利用法はいくらでもあります。

 

 

ついでに、こんな事まで分かるマニアックな情報をまとめて見ました。

  • 骨折のしやすさ
  • 顔のシミの出来やすさ
  • 血の止まりやすさ
  • 前歯の裏の形
  • 座高比
  • 肥満タイプ
  • 海馬の大きさ
  • 筋肉の発達タイプ
  • 痛みの感じやすさ
  • ブルーチーズの匂いの感じやすさ
  • ワイン好き
  • 買い溜めしやすさの傾向
  • 耳のふちの巻き具合
  • 光でくしゃみの出やすさ
  • テロメア(神経細胞の寿命)の長さ
  • 音程に関する能力
  • 目の色
  • 寿命の長さ
  • 将来のハゲやすさ
  • 乗り物酔いのしやすさ
  • 何万年前の祖先の系統

などです。

 

個人的には祖先の系統が詳しく解説されていて興味深かったです。

 

余談ですが、僕は弥生系移民で寒さに強く、寿命が異様に長い確率が多い種族だと言う事もわかりました。

 

では、実際購入したらどんな流れになるのかをさくっと解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

遺伝子検査(ジーンライフ)購入後の流れを見てみよう

購入すると、食パン1枚分ぐらいの箱が送られてきます。

 

中身は

こんな感じです。

 

 

 

手順は以下の通りです。

『マイページと検査IDに登録する』(7分)

     ⬇︎

『同封の同意書にサインをする』(10秒)

     ⬇︎

『容器に唾液を入れる』(5分)

     ⬇︎

『同封の封筒に入れる』(1分)

     ⬇︎

『ポストに投函する』

と流れは超簡単ですし説明書も付いているので迷う所もなくスムーズに行う事ができました。

 

 

なお、簡単なアンケートに答える必要がありますが、所要時間5分程度なのでそんなに面倒なモノでもないです。

 

唾液は何度か入れて溜める必要があります。

正しい検査結果を出す為に採取1時間以内は飲食禁止です。

 

 

 

検査結果は1ヶ月程度要すると言う事でしたが、僕の場合は3週間程度で『検査完了』のメールが送られてきました。

 

その後は、マイページでいつでも閲覧できる様になっています。

 

 

 

 

以上がざっくりしたgene life(ジーンライフ )の流れです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

遺伝子検査(ジーンライフ)をやってみた。信憑性は?どんな内容?のまとめ

いかがでしたでしょうか?

gene life(ジーンライフ )をやってみた結果、

僕は、興味本位としても十分価値のあるモノでしたし、今後の活用法としてはもっと価値あるモノでした。

 

最後に信憑性と分かる事のまとめです。

 

遺伝子検査の信憑性について

  • 遺伝子自体の情報はほぼ100%正確
  • 一つの性格や疾患について、参考にしている遺伝子が『本当にその性格や疾患を表しているのか』は研究段階
  • 先天性のデータより導き出した遺伝子検査の正答率は80%

と言う事が分かりました。

 

 

 

遺伝子検査の利用価値について

  • 肌質や老けやすさなどを見て、今後のスキンケアの方法を変更する
  • 体型、痩せやすさ、糖質やお酒を好むかどうかを見て、ダイエットの方法を検討する
  • 病気のかかりやすさを見て、予防に努める
  • 情報処理能力や協調性などを見て、仕事を決める際の参考にする

などなど。

 

 

360種類もの遺伝子情報が分かる為、利用方法はあなた次第でいくらでも考えられます。

 

 

 

今回たまたま遺伝子検査を妻とやってみましたが、

こんなにたくさんの事が、

痛くも痒くもなく、

唾液を取るだけで、

しかも1万円ちょっとで分かるなんて何と素晴らしい時代になったもんだ。と感心してしまいました。

 

 

 

先ほど述べた様に、僕の場合は『未病』が目的で購入しました。

 

 

例えば、皆さんも何となくウォーキングしたり、野菜を多めに摂取したりと知らぬ内に気を付けている事があるかと思います。

 

 

 

それ自体は非常に良い事で今後も続けられたら良いと思いますが、

 

実は、

あなたの病気リスクに合った、

もっと効率の良い健康法が見つかるかも知れません。

(僕の場合は果物、大豆製品の摂取。塩分、糖分をより控える。でした。)

 

 

遺伝子検査を参考に日常生活に少し取り入れる程度で

  • 将来の病を防げているかも知れない
  • 将来、人より若く見られているかも知れない
  • もっとメタボだった筈が体型維持できているかも知れない
  • 適正な仕事に就いて楽しく日々が送れているかも知れない

など、『やった場合』『やってない場合』の比較は人生2度ないのでできません。

 

 

しかし、

  • 何となく日々健康に過ごせている
  • 何となく体型を維持できている
  • 何となく人から若いと言われる
と何十年後に人生にすごく差がついているかも知れないとやってみた僕は強く感じました。
 
 
実際、遺伝子検査キッカケに少しダイエットの成果も出始めています。
 
 
 
自分を知るのは少しでも早い方が、今後の変化や残りの人生を考えると良いですね。
 
今回は、僕個人のオススメ商品のお話しでした。
 
 
 
 
 
 
FP中野
FP中野
この記事に対してのご質問、ご意見、ご感想など下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。
『この記事が参考になった』などの一言コメントだけでも非常に励みになります。
 
また、『お金に関する事を相談したい』などの方もお気軽にお問い合わせ下さい。
 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました