【簡単5分】ふるさと納税の手順を画面を見ながら解説(楽天 編)

節約編

 

スポンサーリンク

はじめに

『楽天』でふるさと納税をされる方に画面を見ながら、一緒に申し込みをしていきましょう。

 

すでに、楽天会員の方はポイント還元が他と違い過ぎる事から、絶対『楽天』でのふるさと納税をオススメします。

 

楽天会員で無い方は、まず楽天会員に登録するか、

初心者には見やすく、分かりやすいので、

さとふる』でふるさと納税をしても良いかも知れません。

 

 

今回は、すでに『楽天会員』の方に向けて解説していきます。

 

 

やり方は極々簡単で、迷う所もなく5分程度で終了します。

 

やる事は下記の順です。

  1. 寄付限度額の把握(約3分)
  2. 商品選び
  3. 送付先住所(自宅住所)と支払い方法の入力(約5分)
  4. 【商品が届いたら】ワンストップ申請書へ書き込んで返送する(約10分)

 

では、一緒に申し込んでいきましょう。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税の手順を画面を見ながら解説【楽天 編】

 

まず、画面を見ながら作業をするので、もう1つこの画面を開きましょう。

 

 

今お使いのブラウザと違うブラウザを開きます。

『インターネットエクスプローラー』

『クローム』

『サファリ』

何でも構いません。

※分からない方は飛ばして下記へ。

 

そして、新たに開いたブラウザから、

『FP中野の生活向上委員会』→『他の記事も読んでみる』→『節約編』→『【簡単5分】ふるさと納税の手順を画面を見ながら解説(楽天編)』

で同じ画面が2つ並んだと思います。

↑こんな感じに横並びにして、画面を切り替えながら作業すると非常に分かりやすいです。

 

 

その画面のどちらでも良いので、下記の『楽天』をクリックしましょう。

 

分からない方は、画面右上の+から画面を1つ増やしても良いです。

まずは、左下のログインをクリックしてログインして下さい。

 

 

ログインしたら、右上にあなたのポイント倍率が表示されます。

これは、楽天関連サービスにどれだけ加入しているかどうかで倍率が上がっていきます。

僕の場合は5.5倍なので、4万円寄付すると2,200ポイント返還されますので、負担分の2,000円はチャラになります。

 

 

次は、あなたの寄付出来る限度額を知りましょう。

限度額は住民税の20%なのですが、下記のシュミレーターから簡単に計算出来ますのでクリックしましょう。

 

 

赤枠のSTEP1から順にやっていきましょう。

STEP1 あなたの年収を記入します。(総額を記入して下さい)

※iDeCoをしている場合はその分年収から差し引いて下さい。
※『医療保険』『生命保険』に年7万円以上支払っている方は年収から3万円差し引いて下さい。

       ↓

STEP2 配偶者の有無を選びます。『独身』か『既婚』を選択し、『既婚』の場合、配偶者の方が配偶者控除があるかどうかを選択します。(年収103万円未満であれば『あり』、103万円以上であれば『なし』)を選択しましょう。

       ↓

STEP3 お子様がいる場合、『いる』を選択し、お子様の年齢に合わせて人数をチェックしていきましょう。

 

年収500万円 既婚(配偶者の年収103万円未満) 子供7歳1人の場合の例

この場合、限度額は¥54,825ですが、簡易シュミレーターなので、念のため寄付額は5万円程度に収めておいた方が良いでしょう。

分からない方は、下記の表を参考にして頂いても構いません。

 

参考:総務省

 

上限額が分かったら後は、好きな商品を選びまくるのみです。

上段部の

『人気ランキング』

『ジャンルから探す』

『金額から選ぶ』

『地域から探す』

『特集』

とあって、カーソルを合わせると、下にカテゴリが表れます。

 

今回は、欲しい物が直感で分かる『ジャンルから探す』から見つけます。

 

フルーツ・果物カテゴリから、シャインマスカットを選んでみました。

 

氷温冷蔵っていかにも美味しそうですね^^

 

 

こういう注意事項があるので、軽く目を通しておきましょう。

マンゴーなど夏の果物は来年の夏お届け。なんて事もありますので。。。

 

 

 

上から、

1,理解した←基本イジらなくて大丈夫です

2,寄付して欲しい事柄についてどれか好きな項目を選ぶ

3,希望する←基本イジらなくて大丈夫です

 

を選ぶ。

 

上の3つを選んだら、口数を選ぶ。今回は1つにしました。

全て、項目をチェックしたら、『寄付を申込む』をクリックする。

 

 

そのままクリック

 

 

 

そのままクリック

 

 

 

メールアドレスとパスワードを入力後、ログインをクリックする。

 

①変更が無ければそのままでオッケー
②色々選べますが、普段、『楽天市場』でのお買い物をカードでされている方は、変える必要はありません。今回は楽天カードで設定しています。
③クーポン利用がある場合のみ変更して下さい。
④楽天市場で溜まっているポイントを使う事が出来ます。使う場合は変更をクリックしてポイントを使用して下さい。

※楽天でふるさと納税をするなら、楽天カードは絶対あった方が良いです。カードを持っているだけでふるさと納税を含め、今後楽天でのお買い物が全て2%上乗せされ、支払いを楽天カードにするとさらに1%上乗せで計3%上乗せされます。

 

 

いよいよ、最後です。

 

右上の『注文を確定する』をクリックすると注文が確定します。

 

その前に、メールが頻繁に入ってきたりで煩わしいので、3箇所のチェックを外しておきましょう。

一番下のアンケートは、やってもやらなくても良いです。

3箇所のチェックを外したら、注文を確定させましょう。

終了です。

 

お疲れ様でした。

 

この調子で、限度額いっぱいまで好きな物を頂いちゃいましょう。(寄付先は計5ヶ所までにする事)

 

 

 

 

後は、商品と別途郵送で『ワンストップ納税』の申請用紙が送られてくるので、記載して返送するのみです。

 

 

【ワンストップ申請用紙の必要書類】

用紙には本人確認書類のコピーが必要です。

参考:さとふる 

本人確認書類

  • マイナンバーカード裏表
  • 通知カード+免許証
  • 通知カード+パスポート
  • 住民票+免許証
  • 住民票+パスポート
  • 通知カード+(保険証or年金手帳or公的書類)←内2つ
  • 住民票+(保険証or年金手帳or公的書類)←内2つ

※ 公的書類とは、電気やガス料金の支払い明細などでオッケーな場合が多いです。

コピーを貼り付けてさえしまえば、記入は3分程度で終わる簡単な物です。

 

 

ふるさと納税は、2,000円の負担で様々な返礼品がもらえる超オトクな制度です。

 

『楽天』でのふるさと納税の場合、2,000ポイント以上になる場合も多々あり、そうなると

『ポイントが増えて』

『好きな品物をもらえる』

と言う、もう得でしか無い制度です。

 

毎年『大量のビール』や『バフンウニ』、『お米』、『旅行券』など賢くもらいましょう。

この機会に親孝行しても良いかもしれませんね。

 

簡単過ぎて、お得過ぎる、『楽天ふるさと納税』を是非お試し下さい。

 

 

 

 

FP中野
FP中野
 
 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました