FPの僕がこのつみたてnisaを選んだ理由【楽天・全米株式インデックスファンド】

FP中野の運用実績
 
スポンサーリンク

【楽天・全米インデックスファンド】

楽天・全米インデックスファンドはざっくりまとめるとこんな感じのファンドです。

  • インデックスファンド
  • 全米を全てまるっと買える

掘り下げていきます。

 

 

 

 

アクティブファンドとインデックスファンド

 

インデックスファンドって何?って感じですよね。

 

ファンド(投資信託)には、主に2種類あり、

 

1つは『インデックスファンド』

 

 

もう1つは『アクティブファンド』です。

 

インデックスファンドは今流行りのファンドスタイルで、『日経225』や『TOPIX』、『NYダウ工業株30』などその国を代表する指数に連動して購入するファンドです。

 

例えば、『日経225インデックスファンド』は日本を代表する225社を少しずつ全部買う。みたいなイメージでオッケーです。

 

メリットは、

  • 機械的に購入していくだけのファンドなので、手数料が安い。(0.1〜0.3%程度)
  • 幅広く、しかも大手ばかりに分散投資しているのでリスクが少ない。

等が挙げられます。

 

 

 

デメリットは、

  • 面白みに欠ける。
  • 大きく利益を出す事が難しい。

等です。

 

 

 

 

一方、『アクティブファンド』とは、ファンドマネージャーが1銘柄ずつ、くまなく選定して、『インデックスファンド』よりも利益を出す事を目的としたファンドです。

 

 

どんな銘柄をどれぐらい購入しているかは、その都度調べてみないと分かりません。

 

 

『アクティブファンド』のメリットは、

  • インデックスファンドより大きく利益を出せる可能性がある。

これに尽きます。

 

 

 

一方、デメリットは

  • ファンドマネージャーが1つずつ選定しているので人件費による手数料が高額。
  • 値動きが激しく、ハイリスクハイリターンである。
  • 一般的に『アクティブファンド』より、『インデックスファンド』の方が勝っている。

等があります。

 

 

 

ちなみに『全米・楽天インデックスファンド』の手数料は0.162%と『インデックスファンド』の中では平均的な数字です。

 

 

手数料が安く、『アクティブファンド』より確実に利益を出せる事から、今は断然に『インデックスファンド』が人気です。

 

 

それでは、なぜこのファンドを選んだのかを見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『楽天・全米インデックスファンド』を購入した理由①

 

理由1はアメリカが世界第1の経済大国で完全な右肩上がりだから。

 

 

 

これは、投資をしている方なら超常識で説明するまでもないですが、アメリカは過去どんな不況があろうが必ず株価を戻し過去最高を更新し続けているのです。

 

 

 

日本も高度経済成長期以降、右肩上がりなのですが、僕が感じる所の日本経済は

 

 

『打たれ弱い』

 

と言う所で引っかかりがあるので、僕のベースはほぼ、米国一本にしています。

 

 

バブル崩壊の不景気を20年もの期間をかけてようやく脱却出来つつある所ですし、日本株も少し取り入れていますが、今回のコロナショックの様なショックはなんだかんだで大体10年に1度訪れていて、その時の対応力、回復力などを比較するとやはり米国に軍杯が上がりそうです。

 

 

この右肩上がりが今後も続くかどうかは神のみぞ知る所ですが、資金引き出し時のゴール戦略さえきっちりしていれば、少なくともマイナスにはならないのではと思っています。

 

 

 

 

『楽天・全米インデックスファンド』を購入した理由②

 

理由2は単純により多くの米国の株式を広く買ってリスクを分散させたいからです。

 

米国の代表的な指数としてNASDAQやS&P500がありますが、この『楽天・全米インデックスファンド』はもっと、さらに幅広く全米をまるっと買えるのです。

 

今後もベースは、米国ETF投資を考えていますが、まず、ベースをローリスクローリターン『楽天・全米インデックスファンド』で押さえておいて、

そこから余裕資金で『QQQ』(Amazon、Google、Facebook、Apple、Microsoftのみでおよそ4割を占めるETF)や

『SPXL』(S&P500の3倍の値動きをする博打的なETF)などを少し取り入れても良いと考えています。

 

その為、ベタなS&P500も入れつつ、更にローリスクな全米をまるっと買う事でリスクを少しでも回避しています。

 

 

以上、2点がFPの僕がつみたてNISAに『楽天・全米インデックスファンド』を組み入れている理由です。

 

 

 

 

僕のつみたてNISAのラインナップは、

全体の購入理由もざっくり述べています。

 

 

 

他の購入商品『ひふみプラス』については

をご覧下さい。

 

 

 

『つみたてnisa』を迷っている方は、『iDeCo』とどちらが良いか比較している記事がありますので

を是非ご覧下さい。

 

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました